ヨーグルト以外で乳酸菌が含まれる食べ物

「乳酸菌」といったら、ヨーグルトが真っ先に思いつきますよね。
腸内環境を整えてくれる乳酸菌を摂取するために、ヨーグルトを毎日食べるように心がけていたりしませんか?

実は乳酸菌が含まれている食品は、ヨーグルト以外にもたくさんあるのです。

91df4076427e0eb2d0affb6344e2763d_s

乳酸菌の種類について

乳酸菌というのは、大きく分けて2つ種類があり、
【動物性乳酸菌】と【植物性乳酸菌】に分けることが出来ます。

【動物性乳酸菌】というのは主に、
・ヨーグルト
・チーズ
・サワークリーム
・低温殺菌の牛乳
など、乳製品に含まれている乳酸菌のことです。
一般的な乳酸菌のイメージは、ほとんどこの動物性乳酸菌でしょう。

【植物性乳酸菌】のほうはというと、
・キムチ、ぬか漬け、ザーサイなどの「漬物類」
・味噌、しょうゆ、納豆などの「大豆類」
・日本酒、麹、などの「米類」
など、さまざまな国のものや、いろいろな食材と乳酸菌が結びついています。

めずらしいところでは、琵琶湖地方の鮒寿司や、くさやにも乳酸菌が含まれているんですよ!
つまり、発酵させて作る食材には、ほとんど乳酸菌が含まれていると言っても過言ではありません。

また【動物性乳酸菌】と【植物性乳酸菌】には、それぞれ特徴があります。

動物性乳酸菌の特徴

【動物性乳酸菌】は、単体で活動する傾向があります。
他の菌などとは一緒に付着することはなく、胃酸で分解されやすい特徴があります。
「胃酸に弱いなら食べても意味がないの?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません!
吸収されやすい性質を持っていますので、整腸作用もあり、免疫力を高めてくれる働きがあります。

植物性乳酸菌の特徴

【植物性乳酸菌】は、さまざまな菌と共存する特徴があります。
ですから、植物性の食品にいろいろな菌とくっついて発酵し、胃酸にも分解されにくく生きて腸まで届きやすい性質があります。
それだけではなく、植物性乳酸菌は動物性乳酸菌の力を借りて、さらに活発化することが分かっています。

まとめ

以上のことをふまえると、ヨーグルトや牛乳などの【動物性乳酸菌】だけを毎日食べるのではなく、
お味噌汁や漬物、晩酌には日本酒など、ヨーグルトと共に【植物性乳酸菌】も一緒に食べるのが、乳酸菌の力を最大限利用できる食べ方なのです!

今日から、ヨーグルトと一緒にいろんな乳酸菌を含む食材を食べてみてはいかがですか?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ