玉ねぎを食べるとおならが臭くなる?  

おならの臭いの原因は様々ですが、硫黄化合物を多く含んだ玉ねぎ等の食品をたくさん摂ると臭いがきつくなる可能性があります。もちろん少量であれば問題ありませんので、摂り過ぎに注意が必要ということです。また、普段の生活を見直し、おならの臭いを解消していきましょう。

f081b5421113e263b47e0c480dfa12b0_s

玉ねぎを食べるとなぜおならが臭くなるのか

玉ねぎやニンニク、ニラ等には硫黄化合物が入っているので腸の中で消化する際に臭いのあるガスを作り出します。それが、臭いがきついおならとなってしまうのです。臭いがきついとなると玉ねぎやニラ等を避けたくなりますが、玉ねぎは血液をサラサラにし、疲労回復や食欲を増進させるという体にとても良い成分をたくさん持っています。

全く摂らないと考えるのではなく、腸の中で善玉菌と悪玉菌のバランスを保ち、腸を元気にすることで臭いのきついおならを減らしていきましょう。乳酸菌を摂り善玉菌を増やしながら、玉ねぎ等を食べても臭いがきついおならが出ない体であれば良いですよね。

玉ねぎや、ニンニク・ニラ等の食べ物を大量に摂ることは避け、生で食べるのではなく加熱調理した方が、よりおならの臭いは抑えることができるでしょう。また、肉食ばかりの食生活はやめることと、便を我慢したり、ストレスを過剰に溜めない生活も心掛けて下さいね。

臭いは腸内の善玉菌の量が影響している! 

おならの臭いは腸の状態と非常に関係していて、食べ物(食生活)やストレス・運動不足等でも変わってきます。腸内には善玉菌と悪玉菌があり、善玉菌の働きによって腸内の環境が整えられますが、悪玉菌が多いと体に悪い影響を与えてしまう他、病気の原因になることもあり得ますよ。

そんな悩みも乳酸菌を摂ることで、解決できることでしょう。乳酸菌は善玉菌と呼ばれ、悪玉菌がたんぱく質を消化する際に発生するガスよりも、消化する際に臭いの少ないガスを発生させ消化してくれます。毎日体内に乳酸菌を摂り入れていくことで、腸内が徐々に改善され腸が元気になり、おならの臭いも治まり、病気に掛かりにくい体質へ変えてくれる効果があります。

まとめ

玉ねぎはおならの臭いをきつくしてしまう食べ物の一つではありますが、摂りすぎや調理法を工夫し、腸を元気にすることで軽減されるでしょう。

私自身は、玉ねぎが好きなのでオニオンスライスの食べ過ぎには気を付けていますが、その代わりにスープには玉ねぎがどっさりです。特におならの臭いも気にならず、美味しく頂いています。また、乳酸菌を摂ることも、善玉菌を増やし腸内環境も整えるお手伝いをしてくれることと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ