辛い腹痛とお腹の音の負のスパイラル

restroom-314814_640

はじめに、今現在の私の年齢は23歳。性別は男です。腹痛に悩まされ始めたのが12歳中学1年生の頃なのでかれこれ10年近く前のことになります。

思春期男子真っ只中の事でした。そんな私の症状は。『静かな空間での腹痛とお腹の音』でした。

必ずといって症状に襲われるのが静かな授業中、真面目な集会の時、テスト中等でした。

丁度思春期だったのもあり、お腹の音は友達にからかわれる。異性に嫌われるかも。腹痛は酷くなる一方で、授業やテストにも集中なんてできず、追い込まれる。そういった不安から余計に症状がとまらなくなり、負のスパイラルから抜け出せなくなりました。

いつまでもこのままではいられない。そう思った私は自分なりに色々試し、解消できるように努力しました。

その改善策は
・CMで流れていた、お腹のガスを無くす市販薬
・朝食、昼食はしっかり取り極力空腹感を無くす
・ストレスの原因のお腹の音を生理現象だと割り切り、笑い話にする
・友人やまわりの人に話して、お腹の弱さを理解してもらう

等の対策を自分なりに試しました。

いま思えば病院にいき対処法を伺えばよかったのに。。。と思ってしまいます。

でも実際に効果を実感できたものもありました。

それは
朝昼食の改善
生理現象と割り切ってのストレス改善
の2つでした。

まず食事。
これは今になってわかることですが、食生活の乱れは腸内環境を不安定にし、リズムも作りづらくなるのだと思います。
周りのお腹が弱い人に話しを聞いても、朝は食べない。昼は食欲なくて。といっている人に比較的多いことに気がつきました。
まず一番の基盤は食事にある。ということがよくわかりました。

もう1つの、ストレス改善です。
腹痛を悩みに持つ人の特徴として、とてもストレスを感じやすく抱えやすい人に多いのが特徴だと思います。
私の場合は、お腹の音が気になってでした。
なので、それを気にしないように、や、笑い話にするなどして間接的に改善することができました。
人によって、行うことに対する苦手意識から、ストレスに感じてしまったり。
さまざまに理由はあると思います。
なので、なにがストレスに感じるのかを理解して、それの改善策を見つけることで、少しでもよくなることもあると思います。

この2つを意識してから、今は以前に比べてかなり改善することができました。

食生活を改善し
ストレスに向き合う
腹痛にお悩みの方は、この2つを意識することで、少しでも改善できるのではないかと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ