腹痛や下痢で悩みつづけて

人が大勢集まる場所や、音を立ててはいけないような場所で、必ず腹痛や下痢の症状が起こります。
緊張する場面の前後には、2度3度とお手洗いに行き、お腹を下すのが常です。
現在20代後半の女性ですが、かれこれもう15年はこれらの症状に悩まされてきました。

wc-1405523_640

最初は中学のとき

最初にお腹の異変に気付いたのは、中学生の頃です。
授業中にガスがたまって苦しくて休み時間にトイレに駆け込むものの、他の人がいるとおならをすることもできず、一日中腹痛を抱えていました。そのうちに、お腹が異様にグルグルと鳴るようになってしまい、恥ずかしくて学校に通うことができなくなりました。

自宅に居るとまったく問題がなく、家族にも仮病と疑われてしまいましたが、やはり学校へ行くと緊張してしまい腹痛と下痢が続いてしまうので、登校しても保健室で過ごすことが多くなりました。

なんとか中学校は無事に卒業し、通信制高校に通いながらアルバイトも始めました。
初めての環境に戸惑い緊張もしましたが、アルバイト中は無我夢中で、お腹のことを気にかける暇もなく過ごせたことがかえって良かったようです。

アルバイト先の人間関係でまた・・・

アルバイトや高校にも慣れたころ、出勤前によくお腹を下すようになりました。
勤務時間が変わり、アルバイト先の人間関係などで悩み始めた頃でした。
働き始めてしまえば最後までちゃんと仕事をこなすことができるのですが、出勤前の腹痛と下痢はどんどんひどくなっていく一方に・・・。

ここで初めてちゃんと病院で診てもらおうと思い、内科を受診しました。

ガスがたまって苦しいことや、腹痛と下痢が続くことを伝え、腹部のレントゲンや血液検査をしてもらいました。
その結果、特に異常なしとのこと。
大きな病気ではなかったことに安心しましたが、なんだか拍子抜けしてしまいました。
精神的なものでしょうと言われ、薬も処方されませんでした。

その時から、これは自分で何とかするしかないと思い、いろいろと対策を講じてきました。

刺激物や乳製品の摂取を控えグルテンフリー生活をしてみたり、市販の整腸剤を飲んでみるなど、良さそうなものはすべて試しました。
しかし、劇的な変化というのは今のところありません。

相変わらず、人が集まる所が苦手でお腹の調子が悪くなってしまいます。
しかし幸いなことに、現在は在宅で仕事をしているため、通勤や対人関係で緊張する場面が少なく済むので、症状を感じる機会そのものが減ってきています。

今はこれまでと同様に、引き続き食事に気をつけながらこの症状と気長に付き合っていこうと思っています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ