おならが自然に出てしまう理由と解決策

意識していないのにおならが勝手に出てしまう症状があります。ガス漏れとも言われますが、電車に乗っているときや仕事しているときなどどんな場所でも無意識に自然とおならが漏れてしまい周りの人に臭いと思われているのではないかという不安が大きくなります。

03a930c8447acc4343cfe01ab69964b4_s

おならが自然に出てしまう理由

おならが出ること自体は健康にいいことで病気との関係性はあまりありませんが、無意識に出てしまうのは困りものです。おならが勝手に出てしまう理由は大きく分けて2つあります。

1.肛門の筋力が弱い
2.過敏性腸症候群ガス型

肛門の肛門括約筋(こうもんかつやくきん)の筋力が衰えたりもともと弱かったりすると肛門からガスが漏れてしまったり便が我慢できなかったりしてしまいます。老化による筋力の低下もありますし、出産による原因もあります。

過敏性腸症候群のガス型はお腹の中は何も異常がないのにガスが発生してしまうことによりお腹が痛くなったりおならが我慢できなかったりします。精神的な原因が大きく仕事のストレスであったり、ガスの発生自体がストレスに感じたりすることで腸が過敏に反応して症状が発生します。

肛門括約筋の筋力をつけるには

肛門括約筋は内肛門括約筋と外肛門括約筋があり、外肛門括約筋は筋力を鍛えることができます。そのやり方はおしりの穴をギュッとしめるのを繰り返し行うことで筋力をつけることができます。また、腹筋をするときに肛門に意識して力を入れることで腹筋と肛門括約筋の両方を鍛えることができ、便秘や痔にもいいです。

肛門括約筋は加齢とともに衰えていくのでこれがおならの漏れる原因でなくても、鍛えるくせをつけておくのはいいことです。

過敏性腸症候群のガス型を治すには

過敏性腸症候群はストレスが大きな原因なのですが、発症した人それぞれが同じストレスではないため原因がわかりにくく治るのに時間がかかります。病院でも先生によって言われることが違ったり処方される薬もさまざまです。

治すためのポイントは信頼できる医者を探すことと、普段の食生活、生活習慣をよくすること、ヨーグルトや納豆などの乳酸菌を含む食品を毎日とることを意識して生活するのがいいです。もちろんストレスの原因を解消させることも重要ですが、それだけでは完治しにくいでしょう。

【保存版】ガス型の過敏性腸症候群を治す5つの方法

まとめ

おならが自然に出てしまうと言っても普通の人には??なことです。病院でも気のせいだと言われることもあるようです。

たしかにおならの我慢のしすぎで口からおならのニオイがでてしまうということはあり、おしりから出ている感触がないのに臭う場合は口から出ているかもしれません。

どちらにしてもニオイは少ないようにしておきたいですね。乳酸菌を積極的にとり腸内環境を整えて善玉菌を増やすことでおならのニオイを少なくすることが期待できます。

ヨーグルトは毎日はちょっと無理かなというならサプリもあるので試してみるのもいいかもしれませんよ。

⇒体の中からキレイに!おすすめサプリはこちら

 
 
 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ