納豆を食べるとおならがでるって本当?

腸内環境を整える為に、普段から「納豆」を食べてる人も多いと思います。でも納豆を食べた後に、おならがすごく出るという経験はありませんか?

しかも、その時のおならがとても臭う…という場合も多く、食べるのを途中で断念してしまう人も…。納豆を食べることと、おならが出ることについては関係性があるのでしょうか?

結論から言いますと、「納豆を食べることによっておならがよく出るようになってしまう人もいる」というなんとも曖昧な回答になります。
そこで今回は「納豆とおならについての関係」について学んでいきたいと思います。

c8ec0b01db118d38ec7e3c231a25e032_s

腸内環境があまり良くない人はガスが出やすい

おならの出すガスは、主に2種類に分けられます。ガスのうちのほとんどは、私たちの口から入った空気などですが、残りのガスは腸内で食べたものや、老廃物を分解しているときに発生するガスです。

健康で腸内環境も整っている人であれば、腸の中に老廃物(宿便)なども少ないですし、善玉菌が多いのでガスの量も正常で臭いもそんなにありません。しかし、腸内環境があまり良くない人や便秘気味の人、悪玉菌が多い人は老廃物を分解するのに大量にガスを発生させ、臭いも強くなります。

悪玉菌が多い人が納豆を食べるとおならが出やすくなってしまう

納豆というのは主に「たんぱく質」なので分解に時間がかかりやすいですし、発酵食品です。ですから腸内環境があまり良くない人が食べると、発酵パワーによって腸内が活発に動き、老廃物を分解させるのでおならが大量に発生するのです。

しかし納豆を食べることによって徐々に腸内環境は整えられていきます。

納豆に含まれる「納豆菌」は、善玉菌を増やし悪玉菌を抑えてくれる働きがありますし、便秘を改善してくれる効果があります。ですから腸内環境があまり良くない人も、最初は臭いおならがたくさん出てしまうかもしれませんが、納豆を食べ続けることによって徐々に腸内環境が整ってきます。そしておならの臭いも抑えられ、ガスの発生量も少なくなってきます。

まとめ

もし納豆を食べて「おならが臭い!」や「たくさん出る!」と思ったら、そのおならは納豆が腸内を綺麗にしてくれている証拠です。最初は辛い臭いやガスの量も、毎日納豆を食べ続けていれば徐々に無くなっていき、あなたの腸内はどんどん整えられていきます。腸内環境改善のためにも、納豆を食べることをおすすめします。
 
 
 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ