呑気症の症状と原因、その解消法はどうしたらいいか

食べ過ぎたわけでもないのに、おならがすごく出る…。
おなかが張ってすごく辛い…。息が苦しい感じがする。

こんな経験ありませんか?

それはもしかしたら「呑気症(どんきしょう)」の症状かもしれません。
また、すでに呑気症に悩まされている人たちも多くなっています。

00d1356c336da3632e189dbc143933be_s

呑気症の症状と原因

呑気症というのは、別名「空気嚥下症」ともいい、何らかの理由により大量の空気を飲み込んでしまうことによって起こります。

呑気症の症状

・大量にゲップが出る
・大量におならが出る
・胸焼けや腹痛
・おなかの張り
・息苦しさ
・頭痛
・肩こり
・食欲不振

などたくさん辛い症状などが挙げられます。

呑気症になってしまう原因

・早食いや食べ方の癖で空気を飲み込みやすい
・唾液を飲み込むとき
・口呼吸
・よくしゃべる(早口)
・緊張などで息を飲む癖 …など

が挙げられます。
しかし以上の原因だけではなく、中には原因が不明という場合もあるのです。
そして「ストレス」も大きく関わっていると言われています。
ストレスによって無意識のうちに歯を食いしばってしまい、唾液が多く分泌されてしまって空気を飲み込んでしまったり、
自分でも気付かない無意識の「癖」が原因となっている場合もあります。

この辛い「呑気症」を解消するには、一体どうしたらいいのでしょうか?

1.病院に相談する

症状が頻繁であったり、ひどい場合には病院に相談しましょう。
受診する科は、内科か消化器科が一般的です。
ストレスが絡んでいる場合が多いので心療内科などでも大丈夫ですが、まずは体の機能に異常が無いかどうかをチェックしてもらうためにも内科や消化器科がいいでしょう。

2.市販の消泡剤で一時的な痛みを緩和

おなかの張りによる急な痛みや、大事な場面でのおなら、ゲップを止めるのに一時的ではありますが「市販の消泡剤」が効果があるようです。
しかしもちろん、一時的な解決ですので根本から症状は治せるわけではありません。
どうしても困る、という場面のみ活用するといいでしょう。

3.食事は急がず、しっかり噛む

食事の際に空気を飲み込んでしまう場合が多いので、普段の食事をしっかりとよく噛んで食べるように心がけてみてください。
仕事が忙しく、早食いや暴飲暴食になってしまっている人は要注意です。
また、炭酸飲料やアルコールなどを避けるのも効果があります。

4.姿勢を正す

猫背や前屈姿勢が長く続くと、胃を圧迫し不快感が増し空気を多く飲み込んでしまいます。
普段から、正しい姿勢を心がけましょう。

5.ストレスを溜めないようにする、うまく解消する

呑気症の原因はストレスが関わっている場合が多いといわれています。
日頃、ストレスが溜まりやすい人は独特の癖で空気を飲み込んでしまっている場合があります。
そうならないためにも、ストレスを解消させる趣味や遊びに没頭したり、ストレスの原因を取り除くことが大切です。
この現代社会ではストレスが溜まりやすいとは思いますが、うつ病防止の為にも、ストレス回避の方法を見つけておきましょう。

いかがでしたでしょうか。
すでに呑気症の人も、もしかして呑気症かも…という人も、
以上の解決策や予防法で呑気症の辛さから開放されましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ