乳酸菌は大腸がん予防になるの?

乳酸菌には大腸がんを予防する効果があるのはご存知ですか?
人の内臓は年齢を重ねていくにつれて弱くなり、腸の働きも勿論、弱くなっていきます。その為、様々な病気や腸の病気になる確率も上がります。乳酸菌は腸を丈夫にし、更に他の様々な症状にも効果がありますから、健康的な生活を目指すならお勧めですよ。

828325ea1ed97010ebf54d8d52f0ea93_s

善玉菌を増やせば腸の状態が良くなる

腸の中では「菌」が体調に大きな影響を与えています。更に菌には「善玉菌」と「悪玉菌」があり、善玉菌が増えるほど腸の状態は良くなります。大腸がんになる仕組みははっきりとしていませんが、悪玉菌の増加が原因ではないかと言われています。

腸の善玉菌を増やすには乳酸菌が大きな働きをしてくれます。乳酸菌はヨーグルトやチーズに含まれていることで知られていますが、実は漬物にも入っていたりもします。これらの食品を摂ることも腸にとても良いですが、乳酸菌を含む健康食品は、生きたまま腸まで届けてくれる製品もあるのでより善玉菌を増やすことができるでしょう。

続けていけば健康な体になる

乳酸菌にもいくつかの種類があって、大腸・小腸・十二指腸それぞれの場所だけに働くという特徴があります。具体的には「大腸はビフィズス菌」、「小腸は乳酸菌」、「十二指腸は有胞子性乳酸菌」というようになっています。

なるべく多くの種類の乳酸菌を摂ると腸の各部分に対して良い効果をもたらします。その為には食材と健康食品(サプリメント、粉末等)の組み合わせがベストです。

尚、乳酸菌入り健康食品は毎日摂取し続けなければ意味がありません。せっかく利用するからには飲み忘れには気をつけましょう。
また、大腸がんはストレスが原因になることも多いので無理をせず規則正しい生活ができるよう心掛けましょうね。

まとめ

大腸がん予防には腸の調子を整えることが大切です。腸内には善玉菌と悪玉菌が存在していて、それぞれ菌の量により良い影響と悪い影響が身体に現れます。

乳酸菌のお話をしましたから、乳酸菌を含んだ食材を多く摂ろうと張り切ってしまいがちになるかもしれません。私も初めはそう思っていましたが、何事にもバランスが大切です。

乳酸菌を継続して適量、摂りながら健康的な病気知らず・予防ができる生活を送りましょう。
 
 
 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ